ティマル高校留学 特集 その1

最終更新: 2019年6月22日

ティマルはクライストチャーチからは車で2時間ほど。南へ続く国道1号線を走ると見えてくるニュージーランドで2番目に大きい漁港のある港町です。

人口は3万人ほど。海沿いにあるティマル市民の憩いのビーチ「キャロライン・ベイ」では、週末になるとピクニックをする人々も多く、コンサートなどのイベントも催されます。


自然とアウトドア満載のロケーションは、ニュージーランドならではですね。

夏はビーチ、冬はスキー場、星空で有名な観光地「テカポ」もほど近くにあります。

アトラクションが豊富なのも魅力ですね。


ティマルでご紹介している学校は5校。共学、男子校、女子校、寮完備と、実はチョイスもいろいろあるんです。

大都市の学校と比較すると規模は小さめでアットホームな雰囲気があります。各学校の留学担当の先生もと~ってもフレンドリーです!


生徒さんが到着するとクライストチャーチ空港までお迎えに来てくれます。

もちろん現地のサポートスタッフも空港でお迎えしますが、

「大丈夫よ!私にまかせておいてっ!」

とティマルまでの長距離ドライブも慣れたものです。

留学担当の先生がお迎えにこれない時は現地スタッフがティマルまで送迎しますのでご心配なく!

日本に帰国する時も空港までの送迎や、クライストチャーチ空港近くのホームステイも手配してくれるので安心です。


ティマルでは3校が寮を完備しています。もちろんホームステイでの滞在もOK。スクールホリデー中の寮が閉まる期間はホームステイに滞在することになります。

寮完備の学校は

Craighead Diocesan School(クレイグヘッド ダイオセサン スクール)

Timaru Girls' High School (ティマル ガールズ ハイスクール)

Timaru Boys' High School (ティマル ボーイズ ハイスクール)

女子校2校、男子校1校の3校です。


共学校は

Roncalli College (ロンカリ カレッジ)

Mountainview High School (マウンテンビュー ハイスクール)

の2校です。どちらも全校生徒は500名ほどと規模もそれほど大きくなく、フレンドリーでアットホームな雰囲気です。留学担当の先生もとても親身に接してくれます。


クラブ活動やイベントも豊富で充実した留学生活がおくれる環境もバッチリです!

ティマルにはクライストチャーチの現地スタッフが定期的に訪問しますので、

相談があればいつでも現地スタッフに連絡してください。


ティマルに関するお問合せは無料相談へ!


#ニュージーランド高校留学

#卒業留学

#1年留学

#短期留学

#クライストチャーチ空港

#ティマル留学

79回の閲覧