Craighead Diocesan School(クレイグヘッド ダイオセサン スクール)

Craighead Diocesan School/クレイグヘッド ダイオセサン スクール は英国国教会の流れをくむ女子校として設立されました。Year7~Year13(11歳~18歳)までの比較的規模の小さい学校です。特にYear7-8は1学年1クラスで運営されており、きめの細かい学習プログラムが準備されています。学習面も優秀ですが、スポーツや音楽への取り組みも推奨しています。ネットボールやタッチラグビー、バドミントンなどで優秀な結果を残しています。

 

小規模の学校ということで、先生や生徒たちの距離が近く感じられる学校です。授業間の教室を移動する合間に挨拶をかわす生徒さんの姿が微笑ましく感じます。ESOLのクラスも生徒さんの進捗状況を見ながら個別に対応して進められています。授業ではコンピューターやタブレットなどのデバイスを利用することも多く、Year10からはiPadの持参が必須となります。

そして校内には寮も完備しています。もちろん留学生でも利用可能です。新しいモダンな建物の中にはコモンルームやキッチンなどもあり快適に過ごすことができます。シェアルームは学期ごとに部屋替えがあり、社交性も養える環境作りを目指しています。木製の長イスが並ぶカフェテリアもあり、寮生はそこで食事をしますが、寮に滞在していない生徒さんでもランチを購入することができます。

学校詳細

  • 構成     インテグレイティド・女子校

  • 生徒数    約340名 留学生14名 うち日本人5名

  • 場所     ティマル市内中心部より車で10分

  • 受入可能学年 Year 7~13(11歳~18歳)

  • 受入可能期間 2週間以上

  • 入学日    随時受け付け中

  • ESOL      ESOL(海外からの学生の英語の補助プログラム)有

  • 規則     入学時海外旅行・医療保険必須

  • その他施設  チャペル、グラウンド、プール、体育館、寮など

  • 宿泊形式   寮、ホームステイ(3食付き)

  • 入学時英語レベル

入学テストはないですが、入学前は有る程度英語レベルを上げる必要があります。入学後は英語能力の試験が一応はあります。英語力が足りない場合はご安心ください。語学学校の高校準備コースで英語レベルをあげて入学のサポートを致します。

2019年 料金 (※料金はすべてNZドル<税込み>です。)

  • 入学金    NZ$650

  • 学費     NZ$17,110/ 年間(仮に1NZドル=80円で計算して、日本円で約137万円) 政府徴収費が含まれています。

  • Care Giver(保護者・ガーディアン)費   NZ$4,300/年 (1NZドル=80円で計算して、日本円で34.4万円)

1年未満のサポート費、またすべての期間のサポート内容についてはのEduKIWIニュージーランド高校留学センターの中学・高校留学サポートページをご確認ください。

  • 寮費

NZ$15,500/年/年間 (1NZドル=80円で計算して、日本円で124万円。空室があるか確認が必要です。お問合せ下さい。) ※スクールホリデー、祝日が重なる週末など寮がで閉まる場合はホームステイに滞在します。

  • リネンパック(オプション)  NZ$550

  • アクティビティー費      NZ$2,600

  • 海外旅行・医療保険(必須)   約NZ$580/年

  • NCEA費(必須、NZQA<NZ資格庁>から徴収される YEAR 11,12,13の生徒)   NZ$383/年

  • 制服代金     約NZ$2,000

  • その他諸経費   お気軽にお問合せください。

通常のMAPで位置を確認

(ティマル周辺の中学・高校MAP)

資料請求

学校のパンフレット、お申込み書等資料ご希望のかたは気軽にお問合せください。海外郵送にて、日本のご住所までお送りします。お問合せ内容欄に、「Craighead Diocesan School 資料郵送希望 資料郵送希望」と、お名前、郵便番号、住所、電話番号(携帯可・郵便事故防止のため)をご記入下さい。