かな さん

​Cashmere High School 2016年5月~2018年12月 在籍

1年留学の予定で渡航しましたが、現地の学校とニュージーランドでの生活が合ったのか、途中から卒業留学にきりかえましたが、無事に卒業することができました!

なぜ留学先にニュージーランドを選びましたか?

いろいろと留学場所を考えていて、最初はヨーロッパに留学しようと考えていたのですが、その当時はテロなどの多く起こっていたので、比較的安全と言われているオセアニア方面を探していて、最終的にニュージーランドを選びました。

(写真:クライストチャーチ空港にて)

当社の出発までのアドバイス/手続きについてはいかがでしたか?

何か気になることがあって質問をしたら、すぐに返答をいただけて大変助かりました。各学校の特徴や、シティの中心部からのアクセスのしやすさなど、自分に合った条件の学校はどんなところかなど、いろいろと相談できて良かったです。現地ならではの情報がたくさん聞けました。

(写真:学校のスポーツデイで。ハウスカラーはイエロー!)

NZ到着後の当社のサポートについて

学校には現地オフィスのスタッフが定期的に訪問してきてくれて、何か相談があればその時にお話しできたり、放課後にサポートオフィス立ち寄ることもできたのでとても良かったです。

(写真:マウントハットにスキートリップ)

現地の生活で楽しかったこと/気がついたことは?

海外の人たちと親しくなれるのはもちろんですが、日本全国から留学生を受け入れているので、日本中に友達の輪が広がるところが良いと思います。EduKIWIはミーティングやBBQなど、イベントを企画してくれることが多かったので、それに参加することもとても楽しかったです。

現地の生活で驚いたことは、食器を洗う時にシンクに水を溜めて洗うこと、あと大人でも就寝時間が早かったことです。学校も早く終わるので(午後3時過ぎ)宿題がない時は、放課後の時間を自由に使えます。私はニュージーランドの環境に興味があったので、その時間を使って、川の水質調査をしていた時があります。

(写真:当社企画のBBQにて)

ニュージーランドでの高校生活はいかがでしたか

とても自由でした。日本にいたときは一日中勉強をしていたという感じでしたが、ニュージーランドでは放課後も友達と遊べたり、クラブ活動も楽しめます。また、日本にいるとわからない、「外から見た日本」を感じることができ、とても良い経験になりました。

(写真:ホームステイにて)

卒業後の進路/これからの目標について

私はスカイプを使った家庭教師のレッスンを受けていたので、そのせんせいたちを話し合って志望校を決めました。スクールホリデー期間中は講習を受けに行ったこともあります。進路が決まってからは、現地オフィスで受験に必要な提出書類のことなどいろいろと助けてもらい、とても助かりました。

将来は秘書になりたいので、大学で勉強しながら、秘書検定1級の取得を目指します!

(写真:学校のフォーマルパーティにて)

これから高校留学を志している生徒さんへのアドバイスを!

最初は、日本とニュージーランドの文化の差を感じて、戸惑うことが多いと思います。しかし、生活に慣れてくると日本にいては感じることができない、「マイノリティ」を感じることができます。これは人生の価値観を広げるものだと思っています。まだ10代で親元を離れ、海外で生活することは勇気がいることだと思います。逆に言えば、少しの勇気で日本では感じることのできない世界を見ることができます。是非機会があるなら高校留学をすることをおすすめします!

(写真:卒業式にて、おちゃめなホストファミリーと、最終帰国時の空港で)